手造り高級革バッグの櫻井かばん工房

櫻井かばん工房
製造工程

バッグができあがるまでにはいくつもの工程があります。
バッグになったときに革の模様がどのように出れば美しく見えるかなど、
どの工程にも熟練の職人の技術がかかせません。

  • 製造工程①企画のイメージ画像
    ①企画 内面の間仕切りやポケット数・デザインなどをデザイナーと打ち合わせをします。そのデザインを元に型をつくる職人が型紙を作成し、大まかなサンプルを作成します。
  • 製造工程②サンプル作成のイメージ画像
    ②サンプル作成 完成した型紙をもとに革専用の裁ち包丁で革を手作業で裁断していきます。裁断したパーツを縫製し、サンプルをつくります。
  • 製造工程③ヌキ型作成のイメージ画像
    ③ヌキ型作成 サンプルは手作業で革を裁断しましたが、本生産では機械で打ち抜いて裁断します。その際に必要になるのがヌキ型で、型紙と同じ形に組み立てます。
  • 製造工程④革の裁断のイメージ画像
    ④革の裁断 ヌキ型を使って革を裁断していきます。熟練の職人がバッグの仕上がりをイメージし、各パーツに適した場所を見極めヌキ型よりもやや大きめに革を裁断し、それをプレス機で裁断します。
  • 製造工程⑤部品加工のイメージ画像
    ⑤部品加工 裁断されたパーツをそのままバッグに仕上げるのではなく、ダメージを受けやすい部分を補強したり、重ねて縫う部分が膨らまないよう加工を施します。この作業と並行して裏地の縫製も行っていきます。
  • 製造工程⑥縫製のイメージ画像
    ⑥縫製 仕上がりに最も影響を及ぼすのが縫製です。縫製の仕方で、バッグの仕上げのシルエットや耐久性に影響が出てしまうため、慎重に行う必要があります。
  • ⑦仕上げ 縫製が終わって完成ではなく、糸くずやほつれ、ゆがみなどがないか徹底的に検査します。