「花香房COCOコラム」カテゴリーアーカイブ

お花選びのポイント『仏花・お悔み花編』

もうすぐお盆の時期ですが、普段当たり前のように飾っている仏花にも

色々ルールがあります。

 

仏花は2つで1セットです

仏花は仏壇などの両脇に添えるのが基本です。

基本的には同じようなデザインの花束を飾ります。

 

菊が多く使われる理由

菊は年中生産されているお花です。

また菊は邪気を払うとも言われ仏花の定番です。

同じように菊と一緒に使われるのがカーネーションです。

それらに季節のお花をプラスしたりします。

仏花選びに困った際には、菊やカーネーションが入ったものを選べば

失敗がないと思いでしょう。

 

仏花として使ってはいけない花

仏花を選ぶ中で敬遠されるお花があります。

傷みやすい花や毒のある花

臭いがきつい花、棘のあるバラは仏花として使いません。

ただ、匂いも棘もないプリザーブドフラワーの仏花では

バラも使用できアレンジの幅が広いものが多数あります。

 

仏花は本数と組み合わせ方が大事

基本的には仏花の本数は奇数が好ましいと言われています。

また、お花の色は一般的に明るい色を使います。

三本の場合は、白、黄、紫を使用し

五本の場合は、白、赤、黄、紫、ピンクをメインにします。

また、仏花の形は長めの花を一本を中心にひし形になるのが

一般的です。

仏花の長さや色のバランスを整えて、

全体的に明るい色でひし形になるように作るのが一般的です。

 

 

以上、仏花についての簡単なルールを紹介しましたが

基本は気持ちがあれば、生前好きだったお花を仏花を供えると

喜んでもらえるのではないでしょうか。

 生花を飾ることも多いですが、プリザーブドフラワーなら

長い間供えることができるので経済的に負担が少ないです。

法要やお彼岸やお盆など、特別な日には生花の仏花を供えるなど
使い分けてもいいかもしれません。

 

 

 

 花香房COCO 仏花特集

http://coco-shop.jp/html/condolatory.html

 

 

コラム担当:madoka

 

【ご注文に関するお問い合わせ先】
============================================================
花香房COCO
  〒918-8239
福井県福井市成和2丁目420番地 
TEL:0776-43-0871 FAX:0776-43-0874
 [URL] http://coco-shop.jp
 [E-mail] :info@coco-shop.jp
============================================================

 

花香房COCOコラム~プリザーブドフラワーの保存法~

せっかく頂いたプリザーブドフラワー。

長持ちさせたいけど、どうしたらいいか分からないって方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

プリザーブドフラワーと言えば

日々のお手入れが不要で、

長期間美しさを維持できるお花!というイメージですが・・・
決して強く逞しいお花という訳ではありません(T_T)
プリザーブドフラワーをより長くお楽しみいただくために、以下の点に注意してください!

 

 

【プリザーブドフラワーの保存・お手入れ】

 風には気を付けてください

エアコン・空調機等の風が直接当たらない場所に置いて下さい。
乾燥しすぎると、花びらがひび割れる事がございますので、保管・配置場所には十分ご注意下さい。

 

 お水をあげないでください

水は絶対に掛けないで下さい。色が落ちたり破損の原因になります。
プリザーブドフラワーはお水をあげなくても咲き続けるお花です。

 

 高温多湿に気を付けてください

湿気に大変弱いため、湿気が多い場所に置いた際、
花びらが透けたようになる場合がございますので、保管・配置場所には十分ご注意下さい。
湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。
湿気と温度の高い場所に保管されますと、吸いあげた着色料が染み出したり、
花びらのヒビワレ、色あせなど劣化症状が発生します。

 

 直射日光の当る場所に置かないでください

直射日光や強い光(鑑賞ライト等)は、色褪せの原因となります。十分ご注意下さい。
洋服等の布製品に長時間接したままにしておくと、色移りする場合がございます。充分ご注意下さい。

 

 お手入れにお気を付け下さい

ホコリ取りは、花びらを傷つけないよう優しくしてください。
ホコリが気になる場合は、毛の柔らかい筆などを用いて、花びらを傷つけないよう優しく払ってください。
ドライヤーの弱冷風を遠くからそっと当てて、飛ばしていただいても構いません。
花びらは大変デリケートですので、細心の注意を払って行ってください。

プリザーブドフラワーに適した環境で保ってあげることで
長く楽しむことができます。

急激な湿度変化・気温変化はプリザーブドフラワーの美しさを損なう原因となります。
市販されている衣類の除湿剤、食品パッケージに入っているシリカゲルを利用すると
湿度を調整することができます。
梅雨の時期や冬場に利用されることをお勧めします♪

コラム担当:madoka

 

===========================================================
花香房COCO
  〒918-8239
福井県福井市成和2丁目420番地 
TEL:0776-43-0871 FAX:0776-43-0874
 [URL] http://coco-shop.jp
 [E-mail] :info@coco-shop.jp
============================================================

 

 

 

 

花香房COCOコラム~プリザーブドフラワーって?~

いまいちプリザーブドフラワーって何?

ってピンとこない人もいるのではないでしょうか?

実際、私自身もこの仕事に関わるまでは「プリザーブド?」「ブリザード?」と

名称すらよく分かってませんでした(^_^;)

 

そもそも、「プリザーブドフラワー」の意味って?

プリザーブド=保存する

という意味で生花に長期保存加工(プリザーブド加工)を施した新しいタイプのお花です。

プリザーブドフラワーの観賞期間は1年~2年、飾っていただく環境によっては、

さらに長期間美しさを保ちます。我が家にあるプリザーブドフラワーは

もう6年近く経ちますが色鮮やかに咲いています♪

 

 

このプリザーブドフラワーにも良い点と悪い点があります。

【良い点】

・水遣り、お手入れが不要です。→なので枯れません。

・花びらは、みずみずしく柔らかで、生花そのものと見間違えるほどの

自然な仕上がりで花から生まれた花であることを

実感していただけるクオリティーの高さです♪

・水が必要ではないため軽く持ち運びにも便利なため、

贈り物にも利用しやすいです。

・花粉も除去されている為、アレルギー体質の方にも安心です。

・生花と違い水が必要ではないため最近ではお見舞い用のお花に

プリザーブドフラワーが推奨されています。

・長く保存ができる為、記念日やお祝いの思い出として残すことが可能!

 

 

【悪い点】

・生花を加工している為、生花に比べて高価

・湿気や直射日光に弱い為、屋外で飾ることはできません

・色が濃いお花の場合、他の布類などに付着する場合があります。

コサージュなどは色抜けがない施しが必要になります。

・花びらが破損しやすい

 

 

などなどです。

用途によって素敵な演出が出来るプリザーブドフラワーです。

ドライフラワーや造花とは違う生花の風合いを

残したプリサーブドフラワーは保存がきく生花というお花として

認知度が上がってきています♪

 

最近では仏花のプリザーブドフラワーが大変需要が高く

高齢の方に負担になる毎日のお水替えやお手入れ、

入れ替えがなく長くお仏壇に飾る事が出来る

プリザーブドフラワーは人気です。

また、ローズなどはとげがありませんので、

仏花の添花として嫌がられるローズも

使用することが可能でお仏壇周りの華やかさを出すことが

出来るのもプリザーブドフラワーならではです。

 

匂いのないプリザーブドフラワーですが、最近では

プリザーブドフラワー専用の匂いスプレーもありお花にスプレーをすることで

生花のようにほんのり香りを出すこともでき、楽しみの幅が広がりました。

 

ぜひ、いろんなシーンでプリザーブドフラワーを活用いただけたらと思います(*^_^*)

 

 

コラム担当:madoka